リファインすわ/長野県岡谷市・諏訪市エリアの女性リフォームはお任せ下さい!

株式会社サスナカは、岡谷市、下諏訪町、諏訪市、茅野市、辰野町を中心に住宅設備の老朽化やライフスタイルの変化による生活空間の不便さを、どうやって解消すればよいか悩んでいる人たちのために、カウンセリングからコーディネートまでお客様の視点に立ち、生活経験豊かなスタッフがオリジナルベストプランで快適な住まいを提案設計施工しリフォームから建て替え新築も手掛ける住宅会社です。

店長 小松 恵子(こまつ けいこ) [スタッフ紹介]

画像(560x228)・拡大画像(1024x417)

【職種】
リファインすわ 店長 
リフォームアドバイザー
【資格】
二級建築士
二級建築施工管理技士
インテリアコーディネーター
キッチンスペシャリスト
木造住宅耐震診断士
整理収納アドバイザー


おかげさまで、リファインすわも25年目に突入いたしました。
ご信頼いただいた地元の皆さま、本当にありがとうございます。

私が店長をさせて頂くようになって今年で12年。
いろいろな方から、
「コンテスト全国賞を15年連続で受賞なんてすごいですね!」
なんて言葉を頂くたびにムズ痒い思いをしておりますが、全てはお施主さま、現場に携わっていただいた方々のおかげと心から感謝を申し上げます。

そんなお客さまから、よく
「女性で店長をやるなんて大変でしょ?」
というご心配をいただきます。

今でこそ、
「いいえ! 楽しくってしようがないですよ!」
と元気良くお答えできますが、
恥ずかしながら、そうじゃない時期もありました。(今でもありますが…)

私事になりますが、住まいづくりの仕事を心から楽しめるようになった経緯をお話しさせて頂ければと思います。
長くなるうえ、本当に個人的な話ばかりなので、
興味のある方だけご覧ください・・・。

*小松のブログはこちら*

婦人服の販売員から、リフォーム業界へ

結婚、子育てを経て、住まいを新築したのが平成4年。
新居の間取図を見たり、インテリアを考えたりすることが本当に楽しく、朝から晩までわくわくしていた気持ちは今でも忘れられません。
でも、やがて自分が住まいにかかわる仕事に就くとは、その当時は想像もしていませんでした。

 婦人服の販売員の仕事を5年近く経験した中で、接客の楽しさを学び、仕事に対してとてもやりがいを感じていましたが、

「もっとお客さまから喜ばれる仕事をしてみたい!」
と、リファインすわのリフォーム営業マンに転職。(何の迷いも無く)

住まいの中で「喜んでいただける“何か”」を見出したい!
そんな希望でいっぱいで当時は何も恐いものがありませんでした(笑) 

甘くなかった建築業界

商品、建築を知らずして営業にあらずとばかり、とにかく建築業界について勉強の日々。
建築用語は私にとって外国語!?のようなものでした。知らないことだらけで勉強の日々を送る傍ら、忙しく営業と現場を担当している男性社員の姿を見て、
「自分も同じ立場のはずでは・・・」
となんとなく気まずい空気を感じていました。
恐いもの知らずだった自分を悔やむ瞬間でした。

はたして自分はできるのか…?
何かできるはず…。
でも、どんなふうに…?

とにかく男性社員の足手まといにならないように。ただそればかり考えていた毎日でした。
そんな時、「お客様に喜んでいただきたい!」という思い、それ以前の問題が発生してしまったのです!!

お客さまの不安「女性で大丈夫なの?」

「リフォームの営業に女性が来るとは思わなかった、女性のあなたで大丈夫なの?」
これは、ある時のお客様の第一声。
意気込んでいたテンションが一気に下がった出来事でした。

作り笑顔だけで「大丈夫ですよ〜!」ともいえず、信頼を得ることができないまま、仕方なく応対は同行した男性スタッフにお任せする。このように、だまってご要望を聞き取る場面がたびたびありました。

……どうしたら、お客様の信頼が得られるの??

迷いました。

信頼を得るためには(今は違うかもしれませんが)、やっぱり資格がなくちゃだめなんだと、自分で自分を奮い立たせ、一大決心でインテリアコーディネーターになるぞと資格取得にチャレンジ。子供が寝静まった後、夜な夜なモーレツに試験勉強し、なんとか合格。実際の実力はまだまだだったのですが、これが私の第一歩でした。

その時の夢は、お客様の前で堂々と、
「インテリアコーディネーターの 小松です」
と名乗ることでした。

大工さんの師匠の支え

その後は、周りの人の力をお借りしながら、自分なりに必死でリフォームの仕事に取り組んでいました。

しかし、ある現場で、お客様から1本の連絡がありました。
注文したサッシが入らず、しかたなく造り付けの家具の加工が必要になるとのこと。
私の初歩的ミスでした。

予測できなかった自分を悔やみ、当然、追加でいただけるような予算もなく、結果、工程も伸びることも避けられない状況で、お客さまからきついお叱りをいただきました。

「どうしよう」

あれこれ考えて手を打つものの、やればやるほどお客さまからはご納得をいただけない状況に。上司の不在もあいまって途方に暮れました。

この場から逃げ出したい…
でもそんなことはできない…。
ワラにもすがる思いで、頼みの綱の職人さんに電話…。

すると・・・

「そうか、小松っちゃんそんなに困ってるなら、オレが何とかするかぁ〜!」

快く助け船を出してくれたのは、大工のYさんでした。
その一言と黙って作業する後ろ姿に、もう泣けて泣けて仕方ありませんでした。

「なんてありがたいんだろう」
現場は自分一人でできるものではない。人と人との助け合いなんだ。

この時、ものすごく痛感しました。現場の陰で泣いたのはこの時だけ。
未熟な私の窮地を救ってくれた職人さんのやさしさは生涯忘れません。

この大工さんは私にとって「現場の師匠」と呼べる人です。

まーず、小松さんはよく思いつきで注文だすで、職人泣かせだわ〜

そうして月日が流れたある日。
浴室、洗面、トイレをリフォームされたお客様がいました。

和風の小物を飾るのが大好きな方で、洗面のコーナーにガラス棚で小物のミニギャラリーを造ったり、予定にはなかったのですがトイレの中にも和のしつらえの棚をつけて差し上げました。

もちろん現場ではこまごました作業が増えてしまったのですが、お客様は大喜び!お引き渡しの際に1輪の花を飾って差し上げたところ、感極まって涙を浮かべて喜んでくださる感激ぶり。私ももらい泣きしてしまいました。
こんな感動的な出来事は生まれて初めてでした。
嬉し涙はいいもんです。(笑顔)

リフォームの仕事でこんなに喜んでいただけるなんて!
単純な私は、もうどんどんやる気アップ!!

「よーし、また何か、考えるぞ〜!!」(燃)

でも・・・「まーず、小松さんはよく思いつきで注文だすで、職人泣かせだわ〜(笑)。」現場では言われることもあるんです。でも気にせず笑顔で乗り切っちゃいます。
お客様に喜んでいただけるために職人さん、お願い!って。
ゆるしてね。

リファイン大賞で得られたもの

画像(250x172)・拡大画像(448x309)

リファイン大賞の表彰式で

 仕事にも慣れ、現場に慣れ、私に指名でお仕事を依頼していただける場面もあり、充実してきました。

そして、2002年。
リファインのグループの中で腕を競う「リファイン大賞」の地区優秀賞に入賞したことをきっかけに、
リファインすわ の店長を任命される
ことになりました。

「よ〜し!やるぞ!」

途中、あまりに張り切りすぎて身体を壊し、会社と仕事仲間に迷惑をかけてしまったこともありましたが、
数年後、「リファイン大賞」の中でも全国一と言われる、全国最優秀賞を受賞!!
お客さまの想いとみんなの頑張りが報われた瞬間でした。

このリファイン大賞を受賞した現場は、お客さまからご指名いただいた物件だったので、嬉しさもひとしおでした。


画像(213x250)・拡大画像(235x275)

2006二回目の全国最優秀賞受賞の会場で。

また、リファイン大賞の表彰式で、リファインすわのPRと入賞物件の紹介、お客様とのかかわりを発表する中で、私は本当の意味での店長としての使命を実感しました。

お客様に感謝。
リファイン大賞に感謝。
そして、このチャンスを与えてくれた当時のパナソニックの課長さん、所長さん方に感謝。
この方々こそ、私にとっての新しい価値観のヒントを与えてくれた「師匠」と呼べる方々です。

みんなのバックアップの中で生かされる自分

画像(250x187)・拡大画像(448x336)

10年来のお付き合いのA様のご家族と完成後記念撮影

その他にも、私を支えてくれる人はたくさんいます。
私の思い切った提案に共感して下さり、ともに住まいづくりを楽しんでくれた、お客さまのK様。

このK様邸のリフォームは、リファイン大賞「全国最優秀賞」の2度目の受賞となりました。

いつもサポートしてくれてどんな時も心の支えになってくれる女性スタッフ。

黙っていながらも なにかにつけて手を貸してくれるたのもしい男性スタッフ。

また、「リフォームするなら、小松さんに声かけてみたら〜!」といろんな方に声をかけて下さるA様。このA様からのご紹介で何度もお仕事を頂戴しました。ご紹介は御親戚や知人の方々へと輪が広がり、一度は別のリフォーム会社でやっても、リファインすわへリクエストして下さる方が出てきたりと、とても嬉しいつながりができました!
「お〜い、お茶飲んでくかい?畑で採れたキュウリ、いるかい?」
まるで、娘のように声掛けてくれるA様に本当に感謝です。

そして何よりも、今の私の支えは家族です。


現場(仕事)は自分一人でできるものではない。
すべては人と人との助け合い。


・・・・かかわってくださった全ての人に感謝・・・・

私、もっともっと、がんばれそうです!



住まいのプロデュースこそ私の天職

画像(250x167)

住まい方の提案は、家族一人一人の立場で考える場面が多々あります。

主婦という立場の奥様や娘さんお母さん、お嫁さん、そして大切なご主人様。その家族の思いを理解しそれぞれの立場を尊重してこそ良い暮らし方の提案ができるものだと思います。私は、いろんな立場を経験したことや、現場で体験してきたことをこの仕事に生かしていこうと思います。

もちろん、リフォームの仕事で培ってきた経験、知識、思いなど自分の持てる力を一つ一つの物件に全力で注ぎたいという想いから感じていることです。

そうした、お客様と私のお互いの思いがオリジナル ベストプランになっていくのだと自負しています。

そして、何より「お客様に 喜んでいただく仕事」私はこれを目指します。 


画像(250x190)・拡大画像(441x336)

花や緑に囲まれて、気持が癒されます。四季折々で訪ねたいところ…

〜小松恵子(こまつ けいこ)〜

【職種】
リファインすわ 店長
 
【資格】
二級建築士
二級建築施工管理技士
インテリアコーディネーター
キッチンスペシャリスト
木造住宅耐震診断士
整理収納アドバイザー



画像(250x167)

大好きな上高地、大きな山ふところに包まれて、気持もリフレッシュします。もちろんカメラ持参です!

【星座】おひつじ座
【血液型】A型
【在住地】岡谷市

【趣味】 自然散策 写真 ゴルフ  
     寄せ植えガーデニング
【好きな物】古い物 山 野に咲く花 時代劇 
      SLAM DUNK

【夢】自分でリフォームプランした古民家に住み、
   花々に囲まれて暮らすこと

画像(250x166)・拡大画像(448x299)

上高地の明神池にて“おしどり”をパチリ

春夏秋いずれも大好きな上高地。
しかし、冬だけは行ったことがありません。
いつか行けるチャンスがあるといいな…

画像(250x140)・拡大画像(1024x576)

リファインすわ ガーデンはこちら




お店前の寄せ植えアラカルト

ページのトップへ ページのトップへ

PanasonicリフォームClub 株式会社サスナカは、岡谷市、下諏訪町、諏訪市、茅野市、辰野町を中心に住宅設備の老朽化やライフスタイルの変化による生活空間の不便さを、どうやって解消すればよいか悩んでいる人たちのために、カウンセリングからコーディネートまでお客様の視点に立ち、生活経験豊かなスタッフがオリジナルベストプランで快適な住まいを提案設計施工しリフォームから建て替え新築も手掛ける住宅会社です。