リファインすわ/長野県岡谷市・諏訪市エリアの女性リフォームはお任せ下さい!

株式会社サスナカは、岡谷市、下諏訪町、諏訪市、茅野市、辰野町を中心に住宅設備の老朽化やライフスタイルの変化による生活空間の不便さを、どうやって解消すればよいか悩んでいる人たちのために、カウンセリングからコーディネートまでお客様の視点に立ち、生活経験豊かなスタッフがオリジナルベストプランで快適な住まいを提案設計施工しリフォームから建て替え新築も手掛ける住宅会社です。

『ENJOY! DIY vol.2』 [暮らしの広場]

カッティングボードでつくる 「持ち手付収納BOX」

家にいる時間の多いこの時期 家族みんなで楽しみながら作ってみませんか?
画像(250x166)・拡大画像(1949x1299)

木製のカッティングボード(まな板)はDIYに使いやすい素材の一つです。板材と組みあわせれば収納BOXが作れます。
水性塗料などで着色し、オリジナルの小物入れを作ってみましょう。

画像(250x202)・拡大画像(1772x1438)

<用意するもの>
●木製カッティングボード 幅120o長さ250o厚み10o程度が使いやすいです。100円ショップ等で購入できます。
●板材(サイド用)6枚 幅40o程度
●板材(底用)1枚   
檜やファルカタなどの加工しやすい材厚み7〜8程度
底板とサイド用の板の長さを決めてからカットしてください。
●木の丸棒 直径10o程度 カッティングボードの穴に入る位
●釘 金づち 木工用ボンド
●水性塗料 お好みの物(それぞれ色を変えると楽しい感じに
仕上がります)

さあ!作ってみましょう。
画像(196x250)・拡大画像(1610x2046)

@カッティングボードに着色する。
カッティングボードに水性塗料を塗ります。
両面、側面にも塗残しがないように丁寧に。

画像(211x250)・拡大画像(1503x1778)

A側板に着色する
側板はナチュラルな仕上げになるよう、ワックスで仕上げています。少し使い込んだような色味になり、木目が自然な風合いで残ります。ワックスを塗るときは、使い捨てできる木綿布などを使うと後始末も簡単です。
※油性の場合は特に換気に気を付けましょう。

画像(182x250)・拡大画像(1417x1938)

B丸棒に着色する
取っ手の丸棒はアクセントになるように水性塗料で白く塗装しました。

画像(250x166)・拡大画像(1475x983)

Cカッティングボードと底板を木工ボンドで接着
釘打ちの前に木工ボンドを塗布します。

画像(250x166)・拡大画像(2015x1343)

Dカッティングボードと底板を釘で固定する
板の下に台などをおいて釘打ちします。


画像(250x177)・拡大画像(2162x1534)

E側板をつける
側板も木工用ボンドを塗布した上で、釘でカッティングボードに固定します。

画像(250x166)・拡大画像(1469x979)

完成

最初に底板と側板の長さを決めましょう。
側板の長さは、底板の長さプラスカッティングボードの厚み
×2になります。

ページのトップへ ページのトップへ

PanasonicリフォームClub 株式会社サスナカは、岡谷市、下諏訪町、諏訪市、茅野市、辰野町を中心に住宅設備の老朽化やライフスタイルの変化による生活空間の不便さを、どうやって解消すればよいか悩んでいる人たちのために、カウンセリングからコーディネートまでお客様の視点に立ち、生活経験豊かなスタッフがオリジナルベストプランで快適な住まいを提案設計施工しリフォームから建て替え新築も手掛ける住宅会社です。