リファインすわ/長野県岡谷市・諏訪市エリアの女性リフォームはお任せ下さい!

株式会社サスナカは、岡谷市、下諏訪町、諏訪市、茅野市、辰野町を中心に住宅設備の老朽化やライフスタイルの変化による生活空間の不便さを、どうやって解消すればよいか悩んでいる人たちのために、カウンセリングからコーディネートまでお客様の視点に立ち、生活経験豊かなスタッフがオリジナルベストプランで快適な住まいを提案設計施工しリフォームから建て替え新築も手掛ける住宅会社です。

『ENJOY! DIY vol.5』 [暮らしの広場]

木枠を作って重ねるだけ!ペンシルスタンド

手軽に楽しめるDIYでお家時間を充実させましょう。
画像(250x166)・拡大画像(1500x1000)

角棒で組んだ長方形の木枠を少しづつずらし、重ね合わせて作ります。ペンが傾いて倒れ掛かることもない、程よい高さに。
はさみなども使うたびあちこち移動しないよう、仕切りの形や大きさもひと工夫。好みのカラーに着色したのでオシャレな小物入れとしても使えます。

画像(250x188)・拡大画像(1500x1128)

<用意するもの>

材料
●角棒
 →10cm 20本
 → 6cm 20本
●ベニヤ板
 →10cm×8.4cm 2枚





工具
●木工用ボンド
●のこぎり
●紙やすり

塗料
●水性塗料

さあ!作ってみましょう。
画像(250x179)・拡大画像(1500x1075)

@角棒とベニヤ板をカットする
長方形の木枠は、長短の角棒4本でつくります。木枠は10個必要
なので、各サイズ20本ずつの角棒にカットします。底板用としてベニヤ板2枚もカットします。

画像(250x199)・拡大画像(1500x1199)

A木枠を組み立てる
木工用ボンドをたっぷり塗って、口型に組みます。紙やすりで表面を滑らかにしておきます。

画像(250x183)・拡大画像(1500x1099)
画像(250x170)・拡大画像(1500x1023)

B着色する
木枠二個を同色にして、5色の水性塗料で塗ります。

底板になるベニヤ板は、見える側面のみ着色します。

画像(250x176)・拡大画像(1500x1056)
画像(250x166)・拡大画像(1500x1000)

画像(250x173)・拡大画像(1500x1041)

C木枠を仮置きしてずらしを調整
木枠を重ねる際どれくらいずらせはいいかを検討します。鉛筆の他、定規やはさみなどもすっきりさせるようにずらしを調整して大小のスペースを作ります。

画像(250x188)・拡大画像(1500x1131)

D重ねる部分をマーキングする
ずらして重ねる箇所を鉛筆などで印をつけます。

E木枠2個重ねる
木工用ボンドを塗り、2個の木枠を接着させます。

画像(250x175)・拡大画像(1500x1053)
画像(250x175)・拡大画像(1500x1053)

F木枠を重ねていく
ずらし具合を同様にして、他の着色した木枠を1個づつ上に重ねて接着していきます。

画像(250x175)・拡大画像(1500x1053)
画像(250x175)・拡大画像(1500x1053)

画像(250x187)・拡大画像(1500x1122)

G底板を貼る
重ねた木枠の形に合わせて、底に板2枚を重ねて貼ります。

H完成
実用的でおしゃれなペンスタンドです。木枠をずらして重ねたので仕切りができ、文房具を入れるスペースが大小生まれました。

画像(250x197)・拡大画像(1500x1182)
画像(187x250)・拡大画像(1500x2000)

画像(250x187)・拡大画像(4032x3024)

◆ポイント

木枠を重ねる際、ずらし方によって仕切りのカタチやスペースが変わります。
細くて小さなスペースには、ハサミや定規などを入れると安定します。


ページのトップへ ページのトップへ

PanasonicリフォームClub 株式会社サスナカは、岡谷市、下諏訪町、諏訪市、茅野市、辰野町を中心に住宅設備の老朽化やライフスタイルの変化による生活空間の不便さを、どうやって解消すればよいか悩んでいる人たちのために、カウンセリングからコーディネートまでお客様の視点に立ち、生活経験豊かなスタッフがオリジナルベストプランで快適な住まいを提案設計施工しリフォームから建て替え新築も手掛ける住宅会社です。