施工例紹介

2016 全国優秀賞 受賞作品『心身にやさしいキッチン』

暖かく 快適に…心が前向きになるキッチンリフォーム

築、約30年、設備の老朽化も進む中、床からの冷え込みが心身につらく感じるようになり、
暖房しても温まりにくい状態を改善したい。
奥様の持病の腰痛を克服するためと、寄り添う家族が集まるときなど閉塞感のあるダイニングキッチンを見直したいお思いでここ数年過ごしていた。
そして、暖房、収納、コミュニケーションなどなど様々な問題点を解決した
『心地よく安心できる生活』を希望されていた。

閉塞感をなくすためにキッチンを180度方向を変えて一新!


ご提案CGイメージパース

■デザインアワード2016 ミドルリフォーム部門 「全国優秀賞」受賞作品

設備の老朽化したダイニングキッチン。
仕切られた食器棚の向こう側での作業に孤独感を感じている。
また、奥様は持病の腰痛が長年の悩みのため座って調理ができるようになりたい。
すっきり収納したい、使いやすく明るい空間にしたい。
ご主人様の趣味の小物を飾れるスペースがほしい。
断熱不足で床が冷えて、室内が寒いため、暖房した熱が奪われない省エネ生活をしたい。
生活雑貨を隠せるすっきりと美しい収納を…と、たくさんのご要望がありました。

フラットの対面キッチンで広々と開放的にすることで、奥様の孤独感を払拭。
シンクの下に納まる『座るワゴン』で、奥様が腰かけて作業しながらコミュニケーションが取れる対面スタイルを実現。
壁面の収納は高さを抑え、室内を広く見せる工夫に。
さらに、天井に高低差をつけ、間接照明を提案することで、北向きの日が当たらないダイニングキッチンに空間的なひろがりと優しい光が高級感も感じさせる仕上がりに。
TELスペースと大切な置物を飾れる壁面収納も確保。
オール電化のご希望に、IH・エコキュート、電気床暖房を設置。
床壁天井に高性能な断熱材を充填することで、”寒い冬もぽかぽか” 快適に過ごせるプランをご提案!

視界が広がるキッチンにはお洒落な工夫がいっぱい

部屋の中央になった食器棚を撤去し、フラットの対面キッチンで広々とした空間が実現。

天井に高低差をつけ間接照明で空間に変化をつけることで、
さらに空間に広がりを感じる効果がもたらされている。


間接照明とシーリングファン、きらめき感のあるペンダントも素敵

 
天井クロスはカラーで切り替え


高低差を生かし間接照明

壁の厚みを利用し見せながら飾る機能を持たせたオリジナル造作家具を採用。
TELスペースは壁をアールに仕上げ全体を柔らかい印象にするとともに、人の動線にも配慮した形。
対面のヒーターの熱を利用する目的で干しひめさまもさりげなく採用!

高さを抑えたキュビオスは、既存の窓下の寸法に
Uオーダーでジャストサイズに収まりすっきり感アップ。


お洒落な照明器具

温水ルームヒーターを目隠し格子で違和感なく収納。
生活に必要な雑貨を隠す収納ですっきり暮らす工夫が実現したダイニングスペース。
全体を落ち着いたチェリー色でまとめ統一感を演出。

壁のアクセントに存在感のある お洒落なブラケット照明をチョイス。空間に華やぎが生まれます!

家事楽、安全で心が前向きになる”大満足のダイニングキッチン


出窓スペースにプラスして配膳カウンターはゆとりの広さ
座るワゴンはシンク下に収納可能

キッチンはリビングステーション NEW Lクラス の『座るワゴン』 を採用し
奥様の身体をサポートしながら、毎日の家事がより一層楽になるコミュニケーションが実現。
ボルドー色が奥様のお気に入り。カップボードはカウンターでの家電・配膳スペースを十分に確保。
引出を多めに採用し、たっぷりな収納を確保。
ダストBOXも設置し、すっきりと納める工夫が随所に。

これからも、ご夫婦ふたりが快適に過ごせる場所として…
お孫さんたちと楽しい時間を過ごす場所として…
お友達との憩いの場所として…
 ”心が前向きになる” 大満足のダイニングキッチンが完成!


キッチンで作業する奥様の視界

ますますキッチンにいるのが楽しくなりました♪


奥様が喜ばれている様子


楽しげに家事をする奥様

トリプルワイドIH・食洗機など最新の設備で快適さが格段にアップ。
奥様がどうしても譲れなかった座りながらのお料理のために
選んだのが、リビングステーション Lクラス。
『座るワゴン』 で問題解決!

  • AFTER
    対面キッチンで改善されたロケーション
    BEFORE
    収納で隔たれ、孤立していたキッチン

■戸建てリフォーム ■岡谷市 S様邸 ■施工期間 約 30日間 ■木造戸建 築 約29年 ■工事面積 約 31m2 ■工事費総額 約680万 ■家族構成 大人2人 (70代)

ページトップへ戻る