施工例紹介

2016 全国優秀賞 受賞作品『セカンドライフを快適に』

子供世帯の 帰省を待つ 『シニア世代の夢をカタチに…』

南の広縁と二部屋の和室の使い勝手に不便を感じていました。
間仕切りを挟み隣接する10帖のキッチンは寒くて暗く、設備の老朽化が進んでいました。
また廊下を挟んで居間があり、キッチンに立つ奥様は孤立感を感じ、
独立した3世帯の子供家族が帰省した際には皆で団欒のスペースが手狭であり孤立した台所がとにかく不便。
食器、食品のストックの収納場所も何とか改善したいという悩みもあり、勝手口直通のパントリーがあれば…という思いがあった。

台所での孤独感を感じない 家族大勢で広々と楽しめる空間にしたい!

普段はご夫婦お二人住まい。ご夫婦二人が明るく快適にゆったりと過ごせるLDKを希望。
また、都会暮らしの子供世帯がお孫さん達と一緒に遊びに来るので、家族大勢で広々と楽しめる空間にしたいとのご要望でした。

■デザインアワード2016 ミドルリフォーム部門 「全国優秀賞」受賞作品

南に面した広縁と和室は、高齢の両親が他界した今では使い道が不便。
長年使用してきた台所は、老朽化し、孤立した間取りのため、子供世帯が集まると手狭まで帰省してきた際には皆で団欒する空間も限られており、特に奥様は孤独感と不便があった。
また、夫婦二人の時間も増え、寛ぎながら食事や孫とのテレビ鑑賞などのゆとりある時間を過ごすLDKを夢見ていた。
畑を所有しているため、勝手口からダイレクトにキッチンへの動線を切望していた。

キッチンとリビングをワンフロアーにし、お互いの様子を感じられる大空間を提案。
アイランドスタイルのキッチンで娘さんやお孫さんとのコミュニケーションも楽しく充実したものに!
勝手口に繋がるスペースはパントリーとして活用。普段使用しない食器や食品を大容量に収納。
ご夫婦二人が快適に過ごし、遊びに来る娘さんご家族も楽しめる広々おしゃれなLDKが完成!

構造補強で安心!孤独感を感じさせないゆとりの広さのLDK

構造補強した梁と筋交いの壁には小さなニッチで小物を飾る演出。
残った柱は杉板で梁包み、違和感なく残します。
化粧梁は人にやさしい自然塗料で着色しソフトなヴィンテージ感が漂う空間に。

回遊できるアイランドキッチンで奥様と娘さんが仲良くお料理。
お孫さんともコミュニケーションもますます楽しく!
キッチンのヴィンテージメタル柄とカップボードのペインウッド柄が全体をシックにコーディネート。

アイランドキッチンで 奥様と娘さん、お孫さんと 仲良くお料理。


見通しがgood!!

視界が広がり、回遊できるアイランドキッチン。
奥様はLDK全体を見渡せるポジションで、家族との一体感を感じながら過ごせます。
これまでの孤独感はなくなり、お料理作りも一層楽しいものに…!

キッチンの使い勝手の良さを更に良くするためのパントリー


カップボード左奥からパントリーへ


すっきり美しく保てるのもバックヤードがあるから…


パントリー内部の様子

ここが、勝手口直結のパントリースペース。
ストック調味料、日用雑貨など可動棚を設けましたので、空間を無駄なく利用可能です。
分別できる資源物のコーナーもゆとりの配置。
きれいにわかりやすく仕分けが可能。
畑から直結にここに繋がっていますので
野菜の一時的な取り込みにも便利なスペースとなっています。

ソフト ヴィンテージを醸し出すインテリアのわき役は、照明器具


飾り物を引き立てる照明、それだけで存在感がある空間演出の照明、間接的に癒しのコーナーを作る照明

広びろ空間の一角に小さな風抜きの飾り棚
シックでモダン…オトナなLDK空間にさりげない潤いを感じせるコーナー。
照明器具のポイント使いで、空間をおしゃれに演出。

化粧梁の天井部分はシックな花柄クロスで甘すぎないエレガントさも漂う空間に。


スリット格子 デザインクロス、照明器具、空間のアクセントにスポット照明

くつろぎ感たっぷり!ゆとりのリビングスペース

 

縁側と和室を一体化しリビングも広々した空間を確保することができ、御主人がゆったりとくつろいだり、お孫さんと一緒に過ごすスペースになました。
テレビボードのバックにキッチンのヴィンテージメタルのカラーを採用し、LDK空間に統一感をもたらす工夫を…。
シックなカラーの壁紙で演出。

  • AFTER
    改善された間取りとロケーション
    BEFORE
    狭く孤立していたキッチン

■戸建てリフォーム ■上伊那郡箕輪町 S様邸 ■施工期間 約 50日間 ■木造戸建 築 約34年 ■工事面積 約 68m2 ■工事費総額 約830万 ■家族構成 大人2人 (60代)

ページトップへ戻る